HOME > 大工道具紹介


鉋(かんな)

鉋(かんな)とは材木の表面を削って平らにする工具で、長方形の樫の木台に刃を仕込んだものです。刃をカナヅチなどで丁度いい高さに叩いて出し、木の表面をすべらせるようにして削ってゆきます。他の道具が素人でも曲がりなりに使えるのに対し、鉋は扱うことに熟練の技が必要なことから、「職人の証」として広く認識されているようです。

初代千代鶴作(大正元年 御大典記念作)

源久國作( 明治四十年代頃作)

鳳龍作(大正元年 御大典記念作)

千代鶴貞秀作「乱菊」

千代鶴延国作「無我」

会津重道作(大正元年 御大典記念作)


鑿(のみ)

鑿は木材・金属の表に穴をあけたりみぞを掘ったりするのに使う工具です。細長い刃と柄から成り、つちで柄頭を打ったり、手で押したりして穴をあけ、または削る際に使用します。大小様々な種類が存在し、目的により使い分けます。

宝龍神

三代目千代鶴是秀作


切り出し・小刀

木材を加工するために使用する小刀です。接ぎ木をするために木材を少し割る、切るなどといった際に使用します。切れ味は鋭く、刃先は非常に薄く鋭いものが一般的です。

初代政吉作 切り出し・竹切り出し・接木小刀

初代政吉作 繰小刀・竹繰小刀


手のこぎり

一般にもなじみの深い、材木を切る道具です。鍛えた鉄が偏平に薄く長方形にかたどられ、側面に無数の細かい強靭な歯を刻んであります。一般には横挽き用、縦挽き用と、両方の刃のついた通称両刃ノコギリが代表しています。

佐藤長一郎


墨壷(すみつぼ)

墨壷とは大工や石工が直線を引くのに使う道具です。線を引きたい始めの点に猿子(さるこ)または仮子(かるこ)という小さなキリを差し、糸(墨糸)をまっすぐに引っ張ります。糸は墨汁を浸した真綿などの入った「池」と呼ばれる部分を通ることで黒い色が付けられます。終点まで糸を張ったら、指でつまんで離すと、黒色の直線がその面につけられます。この一連の動作を「墨付け」と呼び、木材に印を付ける際に行われます。

壺豊


丸晴の道具箱