HOME > 住まい手の声 > 住まい手の声02

日々の暮らしを愉しむ大きな吹き抜けのある家

木の家を建てたい…
その思いから生まれた丸晴との出逢い。

中古住宅を購入し、10年そこに住んでから建て替えされたBさん。「木の家を建てたい」という思いを知人に伝えたところ、紹介されたのが丸晴工務店でした。「最初はハウスメーカーも検討していたのですが、値段の割にいい家とは思えなくて。」というBさんは、紹介された丸晴工務店が施工したお宅を見て、「探していた家づくりはこれだ」と直感されたそうです。

「スローライフ、スローフードが好き。そういう家をつくって欲しい」という思いがカタチになったBさんの家には、大きな吹き抜けに庭に開いた大きな開口部、ゆとりのある空間とBさんの暮らしぶりがシンクロして、ゆったりとした時間が流れています。「要望はいろいろ出しましたが、基本的にはお任せしました。でも、こちらが要望していないこともどんどんやってくれて…。造作のテーブルも栃のちぢれ杢という銘木を使ってもらいました」とBさん。儲けよりもいいものをつくりたいという丸晴れ工務店の家づくりの思いがわかるエピソードです。

Bさんの緑ゆたかな庭には小さな線路が走っています。これは薪ストーブ用の薪を薪小屋まで運ぶためのもの。「いまは手動のトロッコなんですが、機関車をつけようと思っているんです」とBさん。ワインセラーといい、Bさんの住まいは、単にくうねるところというだけでなく、日々を楽しむ暮らしのための器になっているようです。

四季を通じて心地よく暮らすことができる家

「夏は風通しがよくて、冷房はほとんど使いません」とBさん。子供の頃から寒いのが嫌いだった旦那さまは、薪ストーブをいれて冬を楽しく過ごしたいと考えたそう。「ガスの床暖房も入れてあるので、この大空間でも寒くないんです」一方、奥様は家中が見渡せるキッチンがお気に入り。「ステンドグラスも見えますし、家族の気配を感じられるのがいいですね」